コンプタ館

コンピュータにあらず、コンプタなり。 入門書 専門書 技術書

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
和書: SEO(Search Engine Optimization)    洋書: SEO

サーチエンジン最適化のことを、最近では「セオ」と呼ぶ人も出てきて、今後も当分は、SEOの重要性はそれほど薄れないと思われる。

SEO

できる100ワザ SEO & SEM 集客も売上もアップするヤフー!・グーグル対策

発売日:
ランキング 212 位  渋甘
商品レビュー  中級・初級のひとにはとてもおすすめできます。 これからSEO、SEMを始める人には必見でしょう。ぜひ購入をオススメします。 上級者の方にはGoogle Analyticsの使い方が非常に参考になると思います。 上級者の方でもGoogle Analyticsを使いこなすのは相当難しいので。 必ず結果の出る本だと思いますよ。
商品レビュー  SEO対策に悩む方には必携の書だと思います。 他レビューの通り「できる」のは確かです。 具体的なので、入門者・初心者でも安心です。
商品レビュー  SEO&SEM関連の本は沢山ありますが、この本はとても具体的で、且つ、実践的な本です。 基本の解説から始まって、SEO&SEMの技を 『初級』 『中級』 『上級』 別に簡潔に、要点を押さえて解説してあります。 なので、スキルレベルに合わせて何をやったらいいのかが一目瞭然です。 この本を読み始めたときは、私自身のSEOスキルは『初級』(と言うより初心者レベル)でしたが、実際に『すぐできる初級の技』を解説の手順に従って実施したところ、確かに『できる』んです。 調子に乗っていろいろな技を試してみましたが、確かに『できる』んです。 できると更に理解が深まり、今では『中級』『上級』の技でも、難なく取り込めるようになってきました。 心底買ってよかったと思える逸品です。 でも、ここまで技を披露してしまっていいの? と心配になるぐらいです。

SEO

SEO SEM Technique vol.1

発売日:
ランキング 1547 位  渋甘
商品レビュー  連載タイプの情報誌としては今までのものとは少し違います。 SEOもSEMについても多数の本が出ていますが、 この本ではもう一歩踏み込んでいます。 多数の事例などのデーターを元にネットによるマーケティングの 最新対策などがあり読んでいて面白いです。 SEOについてもSEMについても世の中で言われている常識とかが いったい本当なのかを確かめたい方は読む価値ありです。 YAHOOやGoogleなどのインタビューはなるほどです! 最初一冊目でいきなりハードルが上がっているので次はどのような 内容なのか楽しみです。 次に期待をこめて星4つ。
商品レビュー  検索エンジン対策について、基本的なことが書かれています。 同様の書籍も多いのですが、今まで見た書籍よりも少し深い部分まで書かれているように感じました。 ネットを見ればこの本に書かれているような情報は多いのですが、一冊の雑誌になっているのでネットで探すより見やすいかもしれません。 今からSEOをやってみようという人は一読の価値があると思います。

SEO

アフィリエイトSEO対策テクニック

発売日:
ランキング 50780 位  渋甘
商品レビュー  この本のサブタイトルが「アフィリエイトにもSEOの時代!」 アフィリエイトをやっていてぶつかる色々な壁についてのガイドのような感じで、見やすく編集されている本です。 こんな経験あるよなー。みたいなテーマがズラリ。 ということは、これから経験することもズラリということ? タイトル通り、SEOの話題が多いですが、基本的にはアフィリエイトのガイダンスのような感じです。 ひとりで悩むのは時間のムダ!まずはこの本で基本を固めましょう。
商品レビュー  これまで、「アフィリエイトの始め方」をやさしく解説してくれる本は、多数、出版されてきたが、本書は、「アフィリエイトの稼ぎ方」を丁寧に解説してくれている初めての本かも知れない。 誰もが手軽に無料で始めることができるネット副業として知られるようになったアフィリエイトは、誰もが簡単に始めることができる反面、稼ぐことができている人は、一握りというのが現状だ。そんななか、実際に稼ぐことができるサイトを作り出した筆者の経験をもとに語られる「稼ぎ方」のテクニックは、失敗経験を土台にしているため説得力があり、大変興味深く一読の価値あり。 また、本書のタイトルは「アフィリエイトのSEO対策」となっているが、技術的なSEO対策というよりも「サイトテーマ」と「キーワード」選びというマーケティング的観念に重点を置いている筆者の理論は、アフィリエイトに限らず広範囲なビジネスにも適応できるのではないかと思わせてくれたので起業家の方にもオススメしたい。

SEO

モバイルSEM・SEO徹底対策!

発売日:
ランキング 42375 位  渋甘
商品レビュー  モバイルSEO・SEMの知識が書かれていた。 SEO・SEMの考え方から、具体的な施策まで詳しく解説されていた。 モバイル検索エンジンが今後どのように進化していくのかの予測が書かれていて、 PCとは違う方向へ進化する可能性があるモバイル検索エンジンの今後の動向に注意しなければならないと思った。
商品レビュー  SEO、SEMに関して網羅的な知識が書かれていた。 ただ殆どが、PCでの話ばかりで、モバイルに特化した内容かと問われると、甚だ疑問。 特にモバイルSEMの「効果測定と検証」については、明らかな認識違いがある。 キーワード毎の効果が「備え付けてある機能」で測定できる、言っているが、アドワーズモバイルにもオーバーチュアモバイルにも実装されていない。 「徹底対策!」と謳っているのであれば、こういうことを問題提起するくらいの立場であって欲しいのに…。 筆者はモバイルSEMサービスの管理者用画面すら見たことがないのではと疑問を持ちたくなる。
商品レビュー  本屋で買って読みました。 モバイルSEOについて書かれた本は少ないので初出の内容も多いように思われます。PPCの現状についても詳しく解説されています。集客で悩んでいる方がサイト作りを始めるには最適だと思います。

SEO

SEO「検索エンジン最適化」の教科書―Yahoo!・Google対策から、SEM併用・ブログ向けSEOまで

発売日:
ランキング 2383 位  渋甘
商品レビュー  ネットショップを始めるためにホームページを作ったけど、 お客さんが誰も来ないと嘆いている方にお勧めする。 私も自分のホームページを持っているが、閑古鳥が鳴いている始末。 では、どうすればいいか? 中身をよくすることとお客さんを呼び込むことではないだろうか。 中身はともかく、リーズナブルにお客さんを呼び込むための具体的対策案がこの本には書かれている。 サブドメイン利用法や動的なページといったウェブショップ運営者の私の垣根を越えたことまで、 微に入り細に穿つまで書かれているので、この本のとおりに対策すれば今までの機会損失を充分取り戻せる気がした。

SEO

検索にガンガンヒットするホームページの作り方―SEO(検索エンジン最適化)テクニックで効果的にPRしよう

発売日:
ランキング 5018 位  渋甘
商品レビュー  SEO対策情報がテンコ盛りです。 しかも明瞭に整理されており、 アクセスアップのためには必携の書です。 一読をおすすめします。
商品レビュー  SEO対策の本質を系統的にまとめてある良書です。 作業手順として基本は全て押さえられています。この通りにやれば、(競争の度合いにもよりますが)上位検索が可能。 逆に、これを押さえずに上位HITするのは、まぐれと言っても過言ではありません。 SEOは論理的なものですから、まずはこの本に書かれていることを実行しましょう。
商品レビュー  ちょっとした言葉遊びの結果がキーワードとなって、がんがんヒットとする。ネットの落とし穴に落ちても気づかすにいたが、ようやく救出されたような気がしてきた。言葉の組み立だけで、キーワドを作り、検索エンジンを言葉は悪いが手玉にとって遊んでいる感じだ。それがアクセスアップに直結しているから始末が悪い。ちょっとした言葉の綾、ちょっとしたニューアンスの違いが、キーワードに変化すると大きな違いとなって明暗を分ける。一方はがんがんアクセスが来て、一方は沈黙を続ける。勿論がんがんアクセスがある方を選ぶでしょう。そのためにはがんがん読みましょう。

SEO

SEO SEM Technique Vol.2

発売日:
ランキング 204 位  渋甘

SEO

Web・マーケティング担当者のための Mobile SEM Handbook

発売日:
ランキング 7408 位  渋甘
商品レビュー  著者はモバイル広告の事情に精通しており、 実用的な内容が多い良本。 モバイルという媒体の特性をベースにして モバイルならではのSEMの解説がされている。 また、実際にマーケティング担当者がモバイルSEMを出稿する際の 作業手引き書としの内容も充実している。 ただ、変動の早い業界であるため、半年後・1年後には 「古い情報」なっている可能性もある。 今、読んでおくのがお奨め。

関連ページ: SEO(Search Engine Optimization)

Tag:shibuama作家が哲学をする。映画評論化が哲学をする。皆が哲学者であるが、昔ほど哲学する人が多いわけではない。コンピュータサイエンスは哲学を捨てるのか、あるいは元々、哲学がないのか。実利的であることを哲学するのは良いとして、哲学することを放棄して実利的であろうとすることは、いかがなものか。放棄の時代である。


スポンサーサイト

テーマ:HP作成 - ジャンル:コンピュータ

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

computa
  • Author: computa
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

computa

Author:computa
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Editor's Best Choice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。