コンプタ館

コンピュータにあらず、コンプタなり。 入門書 専門書 技術書

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
和書: Webディレクション    洋書: Web Direction

かつては混沌の時代もありましたが、ウェブのディレクションについても、方法論が学べる時代になっています。それは決して発展が止まってしまう方向には作用しないと思いますが。

Web ディレクション

Webディレクション教科書

発売日:
ランキング 41123 位  渋甘
商品レビュー  ディレクターは、もちろんのことデザイナーにもお奨めの1冊です。 これからディレクターを目指そうとしているデザイナーの方々、実務から仕事に入ってしまい ディレクターとしての基礎を改めて確認しておこうという方々にぴったりです。 カラーや図解も多く、非常に分かり易く、正に教科書と言うにふさわしい内容です。
商品レビュー  Webプロデューサーを目指す者の一人です。 この本は、企画から制作しなければいけない文書・ドキュメントを手順をおって紹介してあり、また具体的な文書例なども掲載されていて、とても分かりやすくまとまっていると思います。 文書類などは、作成するべきものとして頭に入ってはいても、実際どういったものを作ればいいの??という疑問がありましたが、大変参考になりました。 また、コラムや本文の中から読みとれる、ちょっとした気配りや日ごろからの心構えなども参考になりました。 デザイナーやプログラマー、コーダーなどもWebの現場を大きな目線で見れるようになる本だと思います。
商品レビュー  Webディレクションの本は、ともすると広い範囲を網羅するためにぶあつくなったり、内容が具体的すぎたりしがち。 本書は、本質的なトピックに絞り込んでコンパクトに集約していて、とくにWebディレクター、Webデザイナーを目指している人には良いと思います。業界的に標準として理解しておきたい基礎知識は(法律面の内容も含め)網羅されているし、文字量も適切だと思いました。 標準的なスキルが頭に入っていないと、プロジェクトに対応できない時代ですし、「仕事の進め方」への理解はますます重要になると思います。会社としても採用時にはそこを意識しますよね。著者が前書きで「人生の中で身につけてきた知恵を絞り続けろ」と書いていますが、ときどき挟み込まれているコラム欄に、Webディレクション経験者としてのエッセンスがにじみ出ているような気がしました。 そういう意味では、会社でいきなりWeb担当にさせられてしまったような人が、困ったときに最初に読む本といってもいいかもしれません(笑)おススメ。

Web ディレクション

プロジェクト始動からサイトの設計・構築まで Webディレクション標準ガイド

発売日:
ランキング 33872 位  渋甘
商品レビュー  広く浅く書いてあるのでwebディレクターの仕事の全体像はつかめると思います。 ただ、肝心なディレクションの部分が説明不足だと思います。 これの本だけでは仕様書ひとつ書けないでしょう。 よい本の部類に入ると思いますが値段を考えるとお勧めはできません。
商品レビュー  WEBディレクションという仕事を理解するのに良い本だ。 企画書や見積書など業務の内容も、参考になる部分が多い。 ディレクションをするのに必要なWEBの知識を網羅している。 しかし、WEBの技術内容は変化していくペースが早い。 総合的に考えるとこの価格は高いのではないか。
商品レビュー  Web ディレクションがやらなければならない事が かなり網羅されているように思います。 あまり深くは踏み込んでかかれていませんが、 これから Web ディレクションを目指す人などが、 Web ディレクションの全体像をつかむには良い本なのではと 思いました。

Webリテラシー―プロデュース・ディレクション・デザイン・プログラミング

発売日:
ランキング 6294 位  渋甘
商品レビュー  同社から発行されている「Webディレクション標準ガイド」を 1ランクわかりやすくしたような内容です。 1章:Webの基礎知識 2章:インターネットビジネス 3章:プロジェクトマネジメント 4章:Webサイトの企画・設計 5章:制作(デザイン・実装) 6章:集客施策 の流れになっていて、 直接クライアントと話す機会が多くなる 個人・小規模の会社や営業担当者にとっては、 基礎知識を身につけるのに最適な1冊だと思います。 逆に分業が確立していて専門性が求められる方にとっては、 価格も2,980円とこの手書籍では少々高めなので、 同社より今後発売予定の Webデザイン、Webディレクション、Webプロデュース、 を購入した方が良いかも知れません。 ちなみに2007年秋より実施される、 「Web検定」認定の「Webアソシエイト」の 出題範囲でもあります。

Web ディレクション

Webディレクターのための失敗しないプログラム発注ガイド

発売日:
ランキング 86882 位  渋甘
商品レビュー  「Webディレクション標準ガイド―プロジェクト始動からサイトの設計・構築まで 」の続編でしょうか。あちらがWEBディレクションの手続きをかいたマニュアルなら、本作は解説本といったところでしょう。基本的なところをわかりやすく解説しているといったところです。ある程度わかっているレベル(バリバリやってる人)なら不要ですが、我流でやられていて、最近の流れも把握しておかなければとあせっているSOHOの人たちなどには貴重な一冊となるでしょう。また、反面的な使い方として、経験の浅いスタッフや、”わかってほしい”クライアントの担当者などに読んでもらうと効果的です。

関連ページ: Webディレクション

Tag:computa作家が哲学をする。映画評論化が哲学をする。皆が哲学者であるが、昔ほど哲学する人が多いわけではない。コンピュータサイエンスは哲学を捨てるのか、あるいは元々、哲学がないのか。実利的であることを哲学するのは良いとして、哲学することを放棄して実利的であろうとすることは、いかがなものか。放棄の時代である。


スポンサーサイト

テーマ:HP作成 - ジャンル:コンピュータ

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

computa
  • Author: computa
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

computa

Author:computa
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Editor's Best Choice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。