コンプタ館

コンピュータにあらず、コンプタなり。 入門書 専門書 技術書

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
半導体 回路

LSI設計のためのCMOSアナログ回路入門 (半導体シリーズ)

発売日:
ランキング 68347 位  渋甘
商品レビュー  基礎と言っているのにあまり基本的なところは省略してる感じがありました。 実際の回路をもう少し取り入れて欲しかったです。
商品レビュー  CMOSアナログ回路の論文は多いが、平易にしかも日本語で書かれた本は 少ない。入門書として完成度が高く評価出来る。
商品レビュー  基礎となる物理学の概説から、基本回路、応用、先端的な回路の概念までとても良く分ります。水の喩えやちょっとしたエッセイ風の文章も気持ちを読みやすくしてくれます。私のようにバイポーラのアナログ回路を知っている者が、MOSを学ぶのにはとても適した本でした。1日でCMOSの全てが分ったような気になりました。学生さんの教科書としても非常に適していると思います。 1点だけ惜しいのは、実例がないことです。例えば、汎用のOPアンプのレイアウト図とか、代表的なプロセスでの各種パラメータとか実際の線幅による影響とかはあまり記述がありません。「LSI設計者のための」というサブタイトルですので、最後にその当たりを表や写真など数点を足して、概説があれば、完璧です。改訂のときよろしくお願いします。

半導体 回路

ΔΣ型アナログ/デジタル変換器入門

発売日:
ランキング 93004 位  渋甘

半導体 回路

CMOS OPアンプ回路実務設計の基礎―これからアナログIC設計を学ぶ人のための

発売日:
ランキング 109484 位  渋甘
商品レビュー  谷口さんの本とラザビ本をブレンドして薄めただけでは? 具体的な数値例が少なく、あまり実践的とは思えない。
商品レビュー  この本だけでCMOSアナログ設計力が十分身につくとは 思えないが、入門書としては良いと思う。ポイントが 明確に示してあり分かりやすい。他の(難しい)本を 読んで理解出来なかった人は、この本でCMOSアナログ 設計の一通りイメージを掴んでから、再度その本に戻 れば理解出来る様になるのではないかと思う。

マイクロ波半導体回路―基礎と展開

発売日:
ランキング 136692 位  渋甘

半導体 回路

プログラム学習による半導体回路 (2) (半導体基礎講座 (2))

発売日:
ランキング 171902 位  渋甘
商品レビュー  高度なトランジスタ回路やアナログ系ICを扱う上での基本の見方・考え方および具体事例を示しており、基礎技術を学ぶ上で最適。複雑な半導体回路やICの内部回路を要素回路別に解きほぐし、オペアンプをはじめとするその他代表的なリニアICの原理やその活用方法まで、実用への事例を示しつつ段階的に展開している。 読みやすさという点では、シリーズ前編の半導体回路(1)と同様に、適切なコメントがあり、且つキーポイントを演習で確認し、実用知識を簡単な計算で感覚的に理解できるようにしている。 ただし、シリーズ前編の半導体回路(1)をベースにしているので、まずはそちらの修了が必須。

半導体 回路

プログラム学習による半導体回路 (1) (半導体基礎講座 (1))

発売日:
ランキング 182216 位  渋甘
商品レビュー  半導体の動作およびその応用の基本を誰も解かるようにオームの法則と加減乗除の四則演算のみで定性的・定量的に説明している。感覚的に理解し、実用的に活用する際の基本を学ぶ上で最適。 より高度な専門書を読もうとする際にも、机上の空論ではなく、地に足の着いた実用への理解を助けてくれると思う。
商品レビュー  普通この手の本は大体の基礎が分かっている人向けの本で、 いきなり非常に難解な数式がでてきたりするのですが、 この本はそのような数式は殆ど出てこなく、また分かりやすく書いてあります。 独学で半導体回路を学ぼうと言う人にお勧めです。
商品レビュー  難しい話を難しく説明している本は沢山あります。簡単な話でも難しく説明している本も沢山あります。でもこの本は難しい話を簡単に説明してくれる稀有の本です。難しい数式や原理の話は全然ありません。なので、この本は専門書ではありません(ちょっと言いすぎ)。過去にトランジスタの勉強をしようとして難解な数式の所為で挫折した人、とりあえずトランジスタを使って増幅器やスイッチ等を作ってみたい人向けだと感じました。

半導体 回路

CMOSモデリング技術―SPICE用コンパクトモデリングの理論と実践

発売日:
ランキング 195647 位  渋甘
商品レビュー  回路シミュレータを使用してアナログ回路の設計を行ってますが、既存のライブラリでは誤差が大きく困っていました。この本をたよりにライブラリモデルの調整を実験的にやってみたところ、うまくいきそうな感触を得ることができました。まだ拾い読み程度でしか利用してませんが、内容も豊富であるためじっくり読み進めていく事で、さらに役に立つ情報が得られるのではないかと期待しています。
商品レビュー  今までSPICEモデルの知識を得ようとすると英文マニュアルや様々な文献を調べ、総花的な情報を自分でまとめないといけませんでしたが。この本は第一線エンジニアの方が書かれた本らしく、モデリングの基礎から最新の情報まで日本語で分かりやすくまとめられており、これ1冊でデバイスモデリングの主要な部分を知ることができます。
商品レビュー  知りたかったRF CMOS, BSIM4, 3やBSIM-SOI, 表面電位型モデル, 統計解析などについて解説されておりCMOSモデリングのバイブル本として使えます。私も購入してからは、BSIMのマニュアルを見るよりは、この本を見て仕事するようになり非常に役立っています。

半導体 回路

オプト・デバイスの基礎と応用―特性を100%活かした回路設計のための (半導体シリーズ)

発売日:
ランキング 225557 位  渋甘
商品レビュー  ページ数が多く、内容が充実した本です。 実際に使う場合の注意点や定数の決め方等の具体例が詳しく書かれ、充実した一冊です。

スポンサーサイト

テーマ:書籍レビュー - ジャンル:コンピュータ

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

computa
  • Author: computa
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

computa

Author:computa
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Editor's Best Choice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。