コンプタ館

コンピュータにあらず、コンプタなり。 入門書 専門書 技術書

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

半導体デバイス―基礎理論とプロセス技術

発売日:
ランキング 105616 位  渋甘
商品レビュー  半導体デバイスプロセスの勉強をこれから”本格的”に始めたい人の入門書に適していると思います。広範囲な内容をカバーしているので、一通りの知識を身につけることができます。MOSやバイポーラを深く学びたい人はこの本を読んでから次の専門書へ進むと理解しやすいと思います。
商品レビュー  半導体を一からやる人にとてもわかりやすいです。また、図が沢山掲載されているのでイメージがつきやすいと思います。強いて言うならば、もう少し、踏み込んで書いてあると良いのですが。
商品レビュー  いろいろな半導体の参考書・教科書がありますがその中でも基本事項が幅広くまとめられていて、図も見やすく良いと思います。半導体を中心に学ぶ学生、基礎をしっかり定着させたいマスターの方などにも向いていると思います。

半導体 基礎

CMOS OPアンプ回路実務設計の基礎―これからアナログIC設計を学ぶ人のための

発売日:
ランキング 127784 位  渋甘
商品レビュー  谷口さんの本とラザビ本をブレンドして薄めただけでは? 具体的な数値例が少なく、あまり実践的とは思えない。
商品レビュー  この本だけでCMOSアナログ設計力が十分身につくとは 思えないが、入門書としては良いと思う。ポイントが 明確に示してあり分かりやすい。他の(難しい)本を 読んで理解出来なかった人は、この本でCMOSアナログ 設計の一通りイメージを掴んでから、再度その本に戻 れば理解出来る様になるのではないかと思う。

半導体 基礎

薄膜作成の基礎

発売日:
ランキング 29808 位  渋甘

グローブ 半導体デバイスの基礎

発売日:
ランキング 138304 位  渋甘
商品レビュー  みなさんご存じのIntelの会長である、Andy Groveの本です。一見入門書のようでもありますが、欠陥準位の話やSi酸化機構など重要なポイントが述べられいます。Dr. Groveの学位は化学工学と聞いており、学生時代に半導体を専攻しなかった人にも理解できるように、平易に記述されています。

マイクロ波半導体回路―基礎と展開

発売日:
ランキング 160594 位  渋甘

半導体 基礎

わかる半導体レーザの基礎と応用―レーザ・ダイオードの発光原理および諸特性とその展望 (基礎解説シリーズ)

発売日:
ランキング 110558 位  渋甘
商品レビュー  半導体レーザのセミナーを企業から依頼されて、幾つかのテキストを検討しました結果、本書を採用しました。10回程度のセミナーを考えた場合のボリュームが適量であること、原理から応用まで記述されていること、この種のテキストでは通信用に記述が偏りがちですが、本書は短波長帯など民生用にも記述されていることが特長です。最大の利点は、数式が少ないが(レート方程式などはAppendixとして収録)、たとえばなしなどを通して現象の背後に横たわっている物理を解説している点です。著者が企業の半導体レーザの研究開発に従事して培ったことがよく盛り込まれています。このように、考え方を理解させることで読者が抱えている、または遭遇するであろう問題を解決する能力を養うことができる貴重な著書として推薦します。

半導体デバイス―基礎理論とプロセス技術

発売日:
ランキング 126365 位  渋甘
商品レビュー  半導体デバイスプロセスの勉強をこれから”本格的”に始めたい人の入門書に適していると思います。広範囲な内容をカバーしているので、一通りの知識を身につけることができます。MOSやバイポーラを深く学びたい人はこの本を読んでから次の専門書へ進むと理解しやすいと思います。
商品レビュー  半導体を一からやる人にとてもわかりやすいです。また、図が沢山掲載されているのでイメージがつきやすいと思います。強いて言うならば、もう少し、踏み込んで書いてあると良いのですが。
商品レビュー  いろいろな半導体の参考書・教科書がありますがその中でも基本事項が幅広くまとめられていて、図も見やすく良いと思います。半導体を中心に学ぶ学生、基礎をしっかり定着させたいマスターの方などにも向いていると思います。

半導体 基礎

プログラム学習による半導体回路 (2) (半導体基礎講座 (2))

発売日:
ランキング 189719 位  渋甘
商品レビュー  高度なトランジスタ回路やアナログ系ICを扱う上での基本の見方・考え方および具体事例を示しており、基礎技術を学ぶ上で最適。複雑な半導体回路やICの内部回路を要素回路別に解きほぐし、オペアンプをはじめとするその他代表的なリニアICの原理やその活用方法まで、実用への事例を示しつつ段階的に展開している。 読みやすさという点では、シリーズ前編の半導体回路(1)と同様に、適切なコメントがあり、且つキーポイントを演習で確認し、実用知識を簡単な計算で感覚的に理解できるようにしている。 ただし、シリーズ前編の半導体回路(1)をベースにしているので、まずはそちらの修了が必須。

半導体 基礎

新版 基礎半導体工学

発売日:
ランキング 174426 位  渋甘

スポンサーサイト

テーマ:書籍レビュー - ジャンル:コンピュータ

このページのトップへ

FC2Ad

Information

computa
  • Author: computa
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

computa

Author:computa
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Editor's Best Choice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。